So-net無料ブログ作成

猫のケージ飼いについて [猫と暮らす]

猫のケージ飼いというのは昔から賛否両論あるもので、飼い主さんが絶対嫌、あるいは入ってもらうとありがたいけど猫ちゃんが絶対嫌がる、という方も少なくありません。
我が家は現在部屋も肩身も狭い賃貸でございます。通勤圏内で予算内で…やっと見つけて猫ちゃんなんとかお願いします、じゃあ壁とか柱ガリガリしないならOK、というふうに決まりました。

もともとうちの猫ちゃんはケージに抵抗がなくなおかつそんなにガリガリしないうえまあまあシニアなのでずっと寝ている、ということでありがたくケージを取り入れた生活を受け入れてくれていますが…昔 知人のねこさんを実家にお預かりしたときはケージを受け入れていただけずに、開放的な和風の家だから脱走だけは絶対避けねば!と苦心いたしました。

個人的にはケージのメリットデメリットというのは以下のようなことだと思います。

メリット

・万が一のときの飛び出し・脱走防止。逃げたら凹みますよ。帰って来る場合も結構ありますけどね。飛び降りる能力すごいですが骨折することありますし。

・小さい時からケージに慣れてくれると、骨折や病気のときなど安静にしておいたほうが良いときに役に立つ。

・人が来たり引っ越したりしても、慣れたケージに入っていてもらうと絶対侵されない自分エリアにいることで安心しやすい。

・アレルギーの人や赤ちゃんとも共存しやすい。工夫は要りますが。

デメリット

・結局、人間の都合で閉じ込めているようにもとれる。
・ストレスになる。
・3階建てなどにしないと運動不足。

要はすっごく悪いとこばかりでもないしすっごく良いところばかりでもないけど、人間側の努力しだいで「ストレスの少ないケージ取り入れ生活」を過ごすようにしてあげられる気がするのです。

爪研ぎ防止シートを貼ったり、出掛けるとき以外は外に出してあげたり、出掛けるときもケージのなかに入ると素敵なパウチが待っている!といったプラスの条件付けしたり。


なんといっても猫の性格にもよりますが。お外猫ちゃんはケージ受け入れてもらえないことが多いかと思いますので慎重に。



どーうしてもケージを導入するなら3階建てで60cm×90cm×180cm弱くらいのやつが広々で良いかなと思います。縦長に一畳半くらいスペースがあると両脇ややあけて二つ横に並べられるくらい。(わかりづらいか。)ただ、うまれたて猫ちゃんはケージの枠をすり抜けて逃げることがあります。また、目的や病状により他の選択肢が望ましいこともあります。


ケージありなしいろんな家がありますが、どのこも大切な猫ちゃんですから快適に過ごしてもらえるよう人間側の努力でどうにかしていきましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。