So-net無料ブログ作成
検索選択
猫と暮らす ブログトップ

メタボリックス+ユリナリー [猫と暮らす]

我が家 二匹のねこさまのうち七歳の方はメタボリックぎみ。健康ではありますが。
ヒルズのメタボリックス+ユリナリー食べさせてみました。形はごつめで、かつてのt/dのひよっこみたい。食べるのに一苦労してゆっくり食べて、より痩せてくれということか、いやいや、丸のみしてるぜ!(笑)とはいえよく食べます。7~8歳ともなるとエイジングケアを考慮し初めても良い頃ですが本格的な高齢になる前に理想体型を無理なく手に入れておきましょうと思いしばらくこちらにしようかしら。

もうひとかた おじーさんのほうは腎サポやエイジングケアなど食べますが…

ヒルズよりロイヤルカナンが食い付き良いかなと思っていましたがメタボリックス+ユリナリー今のところなかなか良い食い付きなので体重も今後良い傾向なら良いですね。

C/dなんかもこまめにリニューアルしてまあまあ美味しくなっているのかな。知人が前よりもよく食べると言っていました。

尿石系、腎系は特に美味しくあってほしいですね。腎系は年齢や体調なら食欲旺盛とも限らないことを想定しないといけないし。。。

今年の秋はじめじめで、ちょっと過ごしづらそうです、猫にとっても。

秋晴れになったらなったであっついし、困るなー!ただ、温度自体より湿度を気を付けるとなかなか良いようです。もとはエジプトの生き物ということもあってか、温度高めでも風が通ると気持ちよさそうで逆にクーラーなんかを嫌う様子です。

冷え性の女子のよう(笑)


ねこさんの寝かたが、土下座のようだ。 [猫と暮らす]

突っ伏しすぎている…!

昔からこうなんですが。初めて見るかたはびっくり。

寝るのは必ずケージのなか。外ではなぜか寝ません。KIMG0153.JPG
見慣れない人が来るとケージから出てこないので、自分のお城なのかな。

ケージ嫌いではなくてありがたいことも多いので、感謝。

毛玉をはく猫ちゃん [猫と暮らす]

我が家には二匹猫がいますがおひとかたは大きな毛玉をはきます。もう一方は ほとんどはきません。
毛足の長さ、年などは関係ないようす。



しかし…はかないほうのかたは、毛繕いがあまり熱心ではありません。ささーとしておしまい。はいちゃうほうは、念入りに毛繕い。

ということは、病気ではくのは別として毛玉をはくことに関しては、
①口にはいる毛を減らす
②口から入った毛をスムーズにベンへだす

これしかない。

やってみたのは、

毛玉ケアの食事
ラキサトーン(あげるタイミングなど説明をよく読んで!)
無理ない範囲でスキンシップついでに毛をすくようにとかしてやる(神経質なかたはよけい毛繕いする。。。(^_^;))
掃除を丹念に

毛すき、掃除が一番でした。我が家は。

意外[exclamation]






かかりつけの動物病院とは… [猫と暮らす]

自分の理想にぴったり合うかかりつけの動物病院をみつけるのは大変ですよね。

お悩み中のかたよりも、ここしか考えられない!という方のほうが少ないのではないでしょうか。近所に理想のかかりつけをお持ちの方は幸運ですね。

何をもって理想のかかりつけと思うか。今まで出会った人の数だけ様々な意見に出会いました。
腕が良い、はもちろんなんですけど、皆さん

・MRIなど最新鋭の機器がある
・ ゆっくり話を聞いてくれる
・ 休みの日も 緊急時は対応してくれる
・学会などに参加し最新の知識の獲得に熱心
・土日も夜までやっている
・犬と猫わけてくれる
・外科が得意
などなど…


人によりかなり好みがわかれるものですね。

私が良いなーと思うのは、他院の悪口を言わない病院さんかな。もちろん独自のセカンドオピニオンを提示してくれないとかじゃないですよ。治療法の選択肢が豊富で、メリットデメリット両方説明してもらえるところ。医師とか獣医師とか…教師とかもですけど、腕が良いことにくわえてどうしても人としても尊敬したいと思ってしまうのです。






猫に薬を飲ませるとき… [猫と暮らす]

猫に薬を飲ませるのはむずかしいなーと思うかたは多いですよね。

医師から教わった飲ませ方を参考までに書いておきます。

上~ややうしろを向かせるように優しく上顎を持ち上げ 口を開けて奥に錠剤を落とせる場合はそのようにあげる。…やや上級者ですね!(>_<)

苦い錠剤はつぶして粉にすると逆効果であることが多いのでチーズのようなムチっとした感触のものを小さく丸めてそこにくるむ。( 食材の選び方は猫ちゃんによって注意が必要ですね、特にアレルギーの場合は。前は dl メチオニンというものがありましたが製造を停止してしまったのかな?あのムギュムギュ感触はなかなか薬を隠しやすかったですが。 )

苦くない粉は 適切なウエットフードに混ぜると一緒に食べてくれやすい。 ウェットフードのスープ部分だけ取って粉薬を水で溶いたものを混ぜスポイトで舐めさせても良い。

大きなカプセルは ウェットフードのスープ部分や 食べても支障ない油を塗るとツルッと飲めることがある。

食後、食事とは別に飲む方が良い薬も多いですが、猫ちゃんの場合は 薬を単独で飲ませることに手こずってストレスを与えてしまうことが多いので… 食事と一緒に食べてくれるならまったく薬を飲めないよりは良いと考えるようにして薬とうまく付き合いたいですね。

病気や薬によりベストな飲み方が違ってきますし猫ちゃんの性格や生活ペースにより左右されますから、かかりつけの先生にわからないことはどんどん聞きましょう。何より、納得いく答えをくれるかかりつけを探しましょう。


猫のケージ飼いについて [猫と暮らす]

猫のケージ飼いというのは昔から賛否両論あるもので、飼い主さんが絶対嫌、あるいは入ってもらうとありがたいけど猫ちゃんが絶対嫌がる、という方も少なくありません。
我が家は現在部屋も肩身も狭い賃貸でございます。通勤圏内で予算内で…やっと見つけて猫ちゃんなんとかお願いします、じゃあ壁とか柱ガリガリしないならOK、というふうに決まりました。

もともとうちの猫ちゃんはケージに抵抗がなくなおかつそんなにガリガリしないうえまあまあシニアなのでずっと寝ている、ということでありがたくケージを取り入れた生活を受け入れてくれていますが…昔 知人のねこさんを実家にお預かりしたときはケージを受け入れていただけずに、開放的な和風の家だから脱走だけは絶対避けねば!と苦心いたしました。

個人的にはケージのメリットデメリットというのは以下のようなことだと思います。

メリット

・万が一のときの飛び出し・脱走防止。逃げたら凹みますよ。帰って来る場合も結構ありますけどね。飛び降りる能力すごいですが骨折することありますし。

・小さい時からケージに慣れてくれると、骨折や病気のときなど安静にしておいたほうが良いときに役に立つ。

・人が来たり引っ越したりしても、慣れたケージに入っていてもらうと絶対侵されない自分エリアにいることで安心しやすい。

・アレルギーの人や赤ちゃんとも共存しやすい。工夫は要りますが。

デメリット

・結局、人間の都合で閉じ込めているようにもとれる。
・ストレスになる。
・3階建てなどにしないと運動不足。

要はすっごく悪いとこばかりでもないしすっごく良いところばかりでもないけど、人間側の努力しだいで「ストレスの少ないケージ取り入れ生活」を過ごすようにしてあげられる気がするのです。

爪研ぎ防止シートを貼ったり、出掛けるとき以外は外に出してあげたり、出掛けるときもケージのなかに入ると素敵なパウチが待っている!といったプラスの条件付けしたり。


なんといっても猫の性格にもよりますが。お外猫ちゃんはケージ受け入れてもらえないことが多いかと思いますので慎重に。



どーうしてもケージを導入するなら3階建てで60cm×90cm×180cm弱くらいのやつが広々で良いかなと思います。縦長に一畳半くらいスペースがあると両脇ややあけて二つ横に並べられるくらい。(わかりづらいか。)ただ、うまれたて猫ちゃんはケージの枠をすり抜けて逃げることがあります。また、目的や病状により他の選択肢が望ましいこともあります。


ケージありなしいろんな家がありますが、どのこも大切な猫ちゃんですから快適に過ごしてもらえるよう人間側の努力でどうにかしていきましょう。



猫と暮らす ブログトップ